野菜を補うモチベーション


青汁はじめてという人たちが、今果たして青汁をスタートさせていいかひたすら迷っているのかもしれないですよね。 青汁なら、野菜ジュースでもいいではありませんか。野菜ジュースならいつも積極的に飲んでるぞ!という人たちもいるかもしれません。当然そのような人たちも、野菜ジュースで健康になろうと思っているのです。

青汁と野菜ジュースの違い

栄養価の高い緑色の野菜や葉を選んでいる、原材料を丸ごと使用しているというのが青汁であって、加熱処理をしてない青汁も存在しています。野菜ジュースは、様々な野菜を使用しており、繊維質が残らないようにしぼりカスを取り除くという作業をしています。そして、野菜ジュースは加熱処理を行っています。

青汁のメリットはですね、 食物繊維を摂取することが出来ますし、ビタミン、ミネラルもここに多く含まれて、必要な栄養をバランス良く摂取することが出来ます。ポリフェノールも、SOD酵素も摂取することが出来、カロリー、糖分が少ないというのもメリットではないでしょうか。でも青汁はやっぱりマズイということはデメリットだと思うのです。味にクセがあってなかなか長く続けることが出来ないかもしれません。 その点野菜ジュースは美味しいですし、子供さんもすんなり野菜ジュースなら飲むことが出来ます。でもカロリーの問題や糖質の問題を気にすれば、やっぱり青汁がいいということになるかもしれません。

それでも青汁が良い

しかし、みなさんが野菜不足で野菜を補うというモチベーションであれば、野菜ジュースよりも青汁がいいと言います。野菜ジュースの場合では、加熱処理によって野菜や果物に含まれるビタミンやミネラルは結構失われてしまっているのです。みなさんがそのようなものを期待して、野菜ジュースを摂取しているというのなら、やっぱり野菜ジュースは卒業して、青汁を今からでもスタートした方がいいかもしれません。

でも青汁は、やっぱりマズイから多くの人たちに敬遠されているようです。ただし、最近では結構飲みやすい青汁も登場して来てはいるのです。

青汁の原料

青汁は、普段、私達は、食卓であまり接することのない、 ケール、大麦若葉、明日葉、桑葉といったものを原料として扱っています。最近では、これらの主原料に加えて、コラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸など美容成分が配合している商品も販売されていたりするようですね。

野菜ジュースはといえば、緑黄色野菜などの野菜類や果物類が多く使用されています。トマト、ニンジンといった赤野菜がベースだったりします。青汁は、国産、有機栽培、無農薬など、原料の産地や栽培方法まで、拘りを持つケースが増えてきてますが、野菜ジュースは、なかなか産地や栽培方法までは、判らないケースが多いようです。

野菜ジュースは更に、海外の原料が多く、輸送では濃縮還元されているものがほとんどであり、風味が少なくなってしまうから、香料や甘味料など食品添加物が加えられているものが多くあり、安全性の問題においても青汁よりも不安視される声もよく聞きます。野菜ジュースの中でもかなりすばらしいものも存在しているのかもしれませんが。

野菜ジュースが悪いというこではないのです。しかし、みなさんが健康のモチベーションを持つということは、このようなものを長く利用し続けてはじめて意味が出ることであり、長期ということを考えると、青汁の方がメリットは多いと思いますね。カロリーが少ない、糖質の低いということも、長期だからしっかり意識しなければならないことです。とにかく、私達は日々野菜不足です。しっかりこのようなもので野菜を補うモチベーションが大事です。