葬儀の流れと相場、費用を抑える方法を紹介


葬儀の費用を抑える方法
葬儀は基本的に2日間に渡り行われる故人とのお別れの儀式と言えます。そして1日目に行われるのがお通夜で2日目に葬儀と告別式があります。

お通夜は元々は家族、親族、友人などの身近な人が線香や蝋燭の火を絶やさずに故人と夜通し過ごすことを指し、その他の弔問客は翌日に行われる葬儀と告別式に参加するのが一般的でした。

ですが現代社会においてはお通夜の流れも変化して、仕事関係、近所の人も参加して僧侶に読経をしてもらいます。そして焼香後は故人と最後の食事の場を設けて、夜の内にお開きとなる半通夜を選ぶ人が増えてきました。

葬儀の2日目に行う告別式は元々は葬儀式と告別式に分かれていて、葬儀式は家族、親族が故人の冥福を祈りる宗教的儀式と言えます。

それに対して告別式は友人、知人、会社の人、近所の人との別れの儀式です。ですが今は葬儀式と告別式を別々に行わずに一緒にするのが一般的です。

葬儀の相場

まず葬儀費用の全国平均は195万円で、その内訳は葬儀一式費用、飲食接待費用、お布施の費用です。ちなみに葬儀一式費用とはご遺体の搬送、お通夜、告別式、火葬にかかる費用で人件費も含まれています。

通常葬儀屋で葬儀プランと言われる費用で全国平均は121万円程と言えます。次に飲食接待費用は1人あたり4,000円程で計算し、合計30万円というのが相場です。あとは日頃からお世話になっている寺院の僧侶にお願いして読経、戒名授与のお礼に渡すお布施の費用がかかります。

基本的に通夜での読経から翌日の告別式、火葬時の読経までまとめて依頼をしてその費用相場が47万円程かかります。

葬儀を安く済ませる方法

葬儀の費用を抑えたい場合はその規模を小さくするのも1つの方法です。

家族葬と言われる家族、親族、友人といった親しい人だけで行う葬儀なら、参列者は30人以内となるのでその分かかる費用が少なくなります。

その他に補助制度を活用する方法もあり、国民健康保険に加入している人なら死亡して2年以内に申請すれば1万円から5万円が葬祭費として支給されます。さらに社会保険に加入している人なら5万円程の埋葬料が支払われます。

ただし補助金は申告しないと支給されないので、そのような制度があることを理解した上で申請する必要があります。

あと市民葬、区民葬を活用するのも1つの方法です。市民葬と区民葬とは市や区といった自治体と葬儀社が連携している葬儀を指し、直接葬儀社に依頼するのと比較してかかる費用を抑えることが出来る制度と言うことが出来ます。

自治体には葬儀の相談窓口が設置されていて、市民葬、区民葬を行っている葬儀社を紹介してくれます。

葬儀社を自分で探す余裕がない人や葬儀を安く済ませたい人は自治体の窓口に足を運んでみて下さい。